第2回まっくん田んぼ体験隊開催迫る

こんにちは!!
まっくん田んぼ実行委員の内山です。
6月に入り、いつもであれば梅雨でじめじめするこの季節。
なんとカラッと晴天日和が続く今日この頃です。苗に嬉しい、恵みの雨はいつふることやら、、、

(つい先日、やっと雨が降りました。苗もいきいきしてました。でも25日当日は晴れなので安心してください)

さぁさぁ、第2回目のまっくん田んぼ体験隊の開催が明日となりました!!
今回の内容は
●ビギナーコース●:生物調査
●ベーシックコース●:草刈り
です。

「え?!つまんなそ!」と思った、そこのあなた!!!!
この生物調査と草刈りって意外にも大切なんですよ!
ビギナーコースの生物調査には、特別講師として信州大学名誉教授でもある
中村寛志先生にお越しいただき、田んぼに住みつく生き物のお話しをしていただきます!
昆虫生態学を研究し、様々な著書を出版している大先生が講義をしてくれる。
こんなチャンス滅多にありません!!どんなお話しをしてくれるのか楽しみですね!!
また、ビギナーコースでは地元の農業高校生と信州大学農学部生もお手伝い。
一緒にまっくん田んぼ生物図鑑を作りましょう!!

(去年の生物調査の様子。去年は雨だったから寒かったね)


(田んぼに住みつくカエルちゃんです)
ベーシックコースは草刈り!!
これが一番重要なオシゴトなんです!!

田んぼはお米の生産のみならず、様々な多面的機能を果たしています。
この草刈りをさぼってしまうと、その多面的機能が一気に低下してしますのです。
こちらは、田んぼのスペシャリストでもある地元の農家さんを招いて講義してもらいます。
畦に生える雑草、田んぼの中にいるヒエ、それを簡単に処理する道具たち。
農協職員監修のもと、田んぼのオシゴトの裏側を勉強していきます!

そして、なかなか触れることのできない、機械を使って実践してもらいます。

田んぼの一斉清掃しちゃいましょう!!

このように、田んぼ体験だけではなく、その裏側まで知ることができるのが、“新”まっくん「田んぼ」体験隊です。
体験隊では農家のみなさん、地元の学生、大学教授とお話しをすることでもっともっと南箕輪村の農業の魅力を知ることができます。
今回の締め切りは終了しておりますが、まだまだ体験隊は活動してきます。
参加したくてウズウズしている方は事務局まで直接お問い合わせください。皆さまのお申込みお待ちしております!!

まっくん田んぼ実行委員(南箕輪村地域おこし協力隊) 内山


(5月に植えた田んぼの様子。まだ1か月も経ってませんが、苗も少しづつ生長しております)
(田植え後2か月近くの近所の田んぼ。もう青々としてますね!私たちの田んぼもこうなりますよ!!)